トップページ >  コンゴ民主共和国
コンゴ民主共和国の治安・テロ・危険最新情報  

コンゴ民主共和国
Democratic Republic of Congo

危険度4:

危険度とは?

危険性が非常に高いエリアがあるため、
渡航・滞在するのはお控えください。

コンゴ民主共和国の治安・テロ・危険最新情報

❗️危険要因(コンゴ民主共和国)


●凶悪事件の多発
・コンゴ民主共和国は全土で凶悪事件が発生しています。

●武装勢力の活動
・東部地域では、主に対ウガンダ反政府武装勢力(ADF)や対ルワンダ反政府武装勢力(FDLR)などによるといわれる大量虐殺、誘拐等が多発しております。その他の地域でも大小様々な武装勢力が割拠しています。

⚠️要注意エリア


⚠️1 バ=ズエレ州、オー=ウエレ州、イトゥリ州、北キブ州、南キブ州
【渡航するのは止めて下さい!】
・ADF、FDLR、キリスト教系の対ウガンダ反政府武装勢力(LRA)、民兵組織マイマイ等による地元住民に対する非人道的行為が引き続き報告されており、各組織に対する掃討作戦が行われています。

⚠️2 中央アフリカ国境地帯
【渡航するのは止めて下さい!】
・中央アフリカの治安悪化に伴い、中央アフリカ難民が5万人以上流入しており、旧中央アフリカ政府軍兵士及び元セレカ戦闘員等が少数ながらも越境や潜入していることから、治安情勢の動向を注視する必要があります。

●コンゴ民主共和国全土
【渡航するのはお控え下さい!】
・一般犯罪や凶悪事件が多発しています。









トラベルアドバイス







中部アフリカの国・地域

ルワンダの治安・テロ・危険・安全 赤道ギニアの治安・テロ・危険・安全 カメルーンの治安・テロ・危険・安全 コンゴ共和国の治安・テロ・危険・安全 コンゴ民主共和国の治安・テロ・危険・安全
ブルンジの治安・テロ・危険・安全 ガボンの治安・テロ・危険・安全 サントメ・プリンシペの治安・テロ・危険・安全 チャドの治安・テロ・危険・安全 中央アフリカ共和国の治安・テロ・危険・安全