トップページ >  ウクライナ
ウクライナの治安・テロ・危険最新情報  

ウクライナ
Ukraine

危険度5:

危険度とは?

安全なエリアに避難する必要がある極めて
危険なエリアなので渡航・滞在しないでください。

ウクライナの治安・テロ・危険最新情報

❗️危険要因(ウクライナ)


【ウクライナ東部に位置しているドネツィク州、ルハーンシク州は現在内戦状態にあります。】
ウクライナ軍と新ロシア派との間での衝突が始まってから、9,500人以上が死亡し、150万人以上が避難・立ち退きを余儀なくされています。


⚠️要注意エリア


⚠️1 ドネツィク州、ルハーンシク州、クリミア
【渡航するのは止めて下さい!】
・ウクライナ軍と新ロシア派(ロシアに支援を受けている)との間での衝突が続いており、内戦状態にあります。ウクライナ政府の管理が行き届いていないエリアであるため、渡航するのはお止めください。両者の衝突が発生してから、9,500人以上が死亡し、150万人以上が避難・立ち退きを余儀なくされています。現在も市民が内戦の犠牲となっています。
・同地域に渡航すると逮捕や罰金を課される恐れがあります。
・ドネツィク州、ルハーンシク州行きの航空便は現在就航しておりません。
・クリミアはロシア政府が2014年3月21日にロシア領に併合してから、緊張状態が続いています。

⚠️2 キエフ、ハルキウ、オデッサ、ヘルソン、リヴィウ
【渡航は極力お控えください!】
・現在は平静を保っていますが、キエフではデモや集会が頻繁に行われております。デモは暴徒に発展する恐れもあるため、十分な警戒が必要です。
・小規模な爆発が夜間に散発的に発生しています。
・いたずらの爆弾騒ぎも首都キエフを中心に散発的に発生しています。
・2016年7月20日には著名なジャーナリストである、Pavel Sheremet氏が乗っていた車が爆発し、乗っていたPavel Sheremet氏が死亡しました。









トラベルアドバイス







東ヨーロッパの国・地域

ルーマニアの治安・テロ・危険・安全 ロシアの治安・テロ・危険・安全 ウクライナの治安・テロ・危険・安全 カザフスタンの治安・テロ・危険・安全 ポーランドの治安・テロ・危険・安全
チェコの治安・テロ・危険・安全 ハンガリーの治安・テロ・危険・安全 アゼルバイジャンの治安・テロ・危険・安全 ブルガリアの治安・テロ・危険・安全 モルドバの治安・テロ・危険・安全
スロバキアの治安・テロ・危険・安全 ベラルーシの治安・テロ・危険・安全 ジョージアの治安・テロ・危険・安全 アルメニアの治安・テロ・危険・安全