トップページ >  スリランカ
スリランカの治安・テロ・危険最新情報  

スリランカ
Sri Lanka

危険度3:

危険度とは?

危険性が高いエリアがあるため、
渡航・滞在するにあたり十分な注意と安全対策が必要です。

スリランカの治安・テロ・危険最新情報

❗️危険要因(スリランカ)


●大量の武器弾薬や地雷の存在
・ 北部州の一部地域を中心に内戦中に敷設・使用された地雷・武器弾薬が依然として存在するとみられています。

●犯罪が多い
・スリランカ全土で殺人、誘拐、路上強盗、窃盗、犯罪集団による暴力事案等が恒常的に発生しています。最近の邦人の被害例は、強姦未遂、詐欺、ひったくり、公共交通機関内でのスリ、自宅における空き巣・強盗被害などです。

●テロの危険性
・スリランカ人ムスリムがシリアやイラクの紛争地域で戦闘員として紛争に参加していることが確認されており、スリランカで国際テロが発生する危険性があります。

●治安が不安定
・2009年に北部州におけるスリランカ政府軍とタミル人反政府組織「タミル・イーラム解放の虎」(LTTE)との内戦が終結した後は、LTTE残党による爆弾テロやゲリラ的な攻撃等は現在確認されておらず、治安は回復していますが、再び情勢が悪化する可能性は存在します。

●交通事故の増加
・車両が増えるに従い、劣悪な運転マナーに加え、車検制度がなく、ヘッドライト・方向指示器・ストップランプ等が故障した車が数多く走っているため、交通事故が増加しています。

⚠️要注意エリア


⚠️1 アンパーラ県、アヌラーダプラ、バッティカロア、ジャフナ、キリノッチ、マンナール県、ムッライッティーヴー、ポロンナルワ、トリンコマリー、バブニヤ
【渡航は極力お控えください!】
・2016年4月時点で、未だ地雷や不発弾がある地域とされています。

⚠️2 コロンボ市郊外
【要警戒!】
・犯罪発生率が極めて高いです。

●HSZ(警戒区域)に指定されているエリア
【渡航するのは止めて下さい!】
・軍事施設等が近くにあり、大変危険です。

●スラム街
【渡航は極力お控えください!】
・犯罪が多発しています。

●検問所
【要警戒!】
・検問には必ず応じましょう。停止の合図を無視・見逃したことで兵士から発砲されることがあります。









トラベルアドバイス







南アジアの国・地域

バングラデシュの治安・テロ・危険・安全 スリランカの治安・テロ・危険・安全 インドの治安・テロ・危険・安全 パキスタンの治安・テロ・危険・安全 ネパールの治安・テロ・危険・安全
モルディブの治安・テロ・危険・安全 ブータンの治安・テロ・危険・安全