ブラジルの治安・テロ・危険最新情報

Top > ブラジル
ブラジルの治安・テロ・危険最新情報  

Brazil
ブラジル

総合危険度:3.0
(総合危険ポイント:3954.8)

危険性が高いエリアがあるため、
渡航・滞在するにあたり
十分な注意と安全対策が必要です。


ブラジルの治安・テロ・危険最新情報

危険ポイント・危険度とは?



ブラジル最新ニュース


2018年6月12日
6月8日(金)午後3時頃、リオ市南部ウルカ地区の『プライア・ベルメーリャ(Praia Vermelha)』海岸周辺において、リオ州軍警察と犯罪組織との間で銃撃戦が発生
2018年6月8日
6月6日(水)午前,マナウス市ポンタ・ネグラ地区コロネウ・テイシェイラ通りに所在するスーパーマーケットにて強盗事件が発生しました。
2018年4月12日
4月6日(金)午後,マナウス市ノッサ・セニョーラ・ダス・グラッサス地区の診療所にて強盗事件が発生しました。
2018年4月12日
4月5日(木)午後,マナウス市サン・ジェラルド地区のピザ店舗にて強盗事件が発生しました。
2018年3月17日
3月12日(月),マナウス市パルキ・デス地区のアマゾナスショッピングセンターにて強盗事件が発生しました。
2018年3月17日
3月14日、サンパウロ市リベルダージ区で邦人が被害者となる強盗未遂事件が発生しました。
2018年3月15日
3月13日、サンパウロ市ベラ・ビスタ地区パウリスタ大通り854番 トップ・センター地上階飲食店内において邦人が被害者となる窃盗事件が発生しました。
2018年2月9日
2月5日、フローレス地区にて発生した市バス利用客に対する強盗について
2018年2月9日
2月7日(水)午前、ラゴ・スウ所在の住宅で強盗事件が発生しました。
2018年2月3日
2月1日、リオ市西部シダージ・デ・デウス地区(Cidade de Deus)において、治安当局及び麻薬密売組織間における銃撃戦が発生しています。





❗️危険要因(ブラジル)


●凶悪犯罪
・所得格差による貧困、麻薬の売買等に起因する殺人、強盗等の凶悪犯罪が多発しています。

ブラジルの治安・テロ・危険最新情報

⚠️要注意エリア


⚠️1 ブラジリア連邦区、サンパウロ州大サンパウロ圏及びカンピーナス市、リオデジャネイロ州大リオ圏、アマゾナス州大マナウス圏、パラー州大ベレン圏、ペルナンブコ州大レシフェ圏、バイア州大サルバドール圏、エスピリトサント州大ビトリア圏、パラナ州大クリチバ圏及びリオグランデドスル州ポルトアレグレ市
【要警戒!】
・所得格差による貧困、麻薬の売買等に起因する殺人、強盗等の凶悪犯罪が多発し、またファベーラ(スラム街)の犯罪組織間の抗争事件等も多発しています。






南アメリカの国・地域

ブラジルの治安・テロ・危険・安全 コロンビアの治安・テロ・危険・安全 ボリビアの治安・テロ・危険・安全 ベネズエラの治安・テロ・危険・安全 ペルーの治安・テロ・危険・安全
アルゼンチンの治安・テロ・危険・安全 ウルグアイの治安・テロ・危険・安全 エクアドルの治安・テロ・危険・安全 チリの治安・テロ・危険・安全 パラグアイの治安・テロ・危険・安全
ガイアナの治安・テロ・危険・安全 スリナムの治安・テロ・危険・安全