トップページ >  チュニジア
チュニジアの治安・テロ・危険最新情報  

チュニジア
Tunisia

危険度3:

危険度とは?

危険性が高いエリアがあるため、
渡航・滞在するにあたり十分な注意と安全対策が必要です。

チュニジアの治安・テロ・危険最新情報

❗️危険要因(チュニジア)


●テロ事件
・チュニジア国内においては、テロリストの活動が活発化しており、滞在に際しては十分な注意が必要です。2015年3月のバルドー国立博物館襲撃事件や、同年6月のスースの高級リゾートホテル襲撃事件など、外国人を直接のターゲットとした大規模なテロ事件が相次いで発生しており、多数の外国人観光客が犠牲になっています。

⚠️要注意エリア


⚠️1 アルジェリア・リビア国境地帯
【渡航するのは止めて下さい!】
・テロリストや武器商人などが頻繁に往来する地域とみなされています。

⚠️2 首都チュニス
【要警戒!】
・強盗や郊外電車内におけるスリやひったくり被害が増加傾向にあります。

●チュニジア全土
【要警戒!】
・国内観光地において、外国人観光客を狙ったテロ事件が発生する可能性は否定できません。









トラベルアドバイス







北アフリカの国・地域

モロッコの治安・テロ・危険・安全 エジプトの治安・テロ・危険・安全 チュニジアの治安・テロ・危険・安全 アルジェリアの治安・テロ・危険・安全 スーダンの治安・テロ・危険・安全
リビアの治安・テロ・危険・安全