トップページ >  リビア
リビアの治安・テロ・危険最新情報  

リビア
Libya

危険度5:

危険度とは?

安全なエリアに避難する必要がある極めて
危険なエリアなので渡航・滞在しないでください。

リビアの治安・テロ・危険最新情報

❗️危険要因(リビア)


リビアにおいては、カダフィ政権崩壊後、2011年10月23日に国民暫定評議会が公式に全土の解放を宣言しましたが、いまだ治安機関が十分に機能しておらず極めて不安定な治安情勢が続いています。また、首都トリポリやシルテ、デルナなどの都市にもISIL(イラク・レバントのイスラム国)が進出しているとみられており、外交団警察本部や大使館所在地近辺における他国公館への爆弾攻撃などのテロ活動が発生するなど、治安情勢はきわめて厳しくなっています。

⚠️要注意エリア


●リビア全土
【渡航するのは止めて下さい!】
・リビア政府による治安維持権限が十分に行き届いていない地域が広く存在し、リビアの国境管理の甘さがテロリストの出入りや武器の密輸の温床となっている可能性が指摘されています。リビアに渡航を予定されている方は、目的の如何を問わず渡航は止めてください。









トラベルアドバイス







北アフリカの国・地域

モロッコの治安・テロ・危険・安全 エジプトの治安・テロ・危険・安全 チュニジアの治安・テロ・危険・安全 アルジェリアの治安・テロ・危険・安全 スーダンの治安・テロ・危険・安全
リビアの治安・テロ・危険・安全