ミャンマーの治安・テロ・危険最新情報

Top > ミャンマー
ミャンマーの治安・テロ・危険最新情報  

Myanmar
ミャンマー

総合危険度:1.8
(総合危険ポイント:2330.8)

事前に危険情報を確認し、
注意して渡航・滞在してください。


ミャンマーの治安・テロ・危険最新情報

危険ポイント・危険度とは?












❗️危険要因(ミャンマー)


●一部地域の情勢が不安定
・シャン州コーカン自治地帯では、2015年2月9日以降空爆等を伴う大規模な戦闘が発生するなど不安定な情勢が続いております。
・カチン州ライザー周辺ではミャンマー国軍とカチン独立軍との間で散発的な衝突が繰り返されています。

●犯罪の増加
・犯罪の増加傾向が顕著になっています。

●交通事故の多発
・道路整備状況は劣悪で、交通マナーの悪さや整備が行き届いていない車両も多いため、交通事故が多発しています。
ミャンマーの治安・テロ・危険最新情報

⚠️要注意エリア


⚠️1 シャン州
・不安定な情勢が続いています。

⚠️2 カチン州
・ミャンマー国軍とカチン独立軍(KIA)との間で衝突が繰り返されています。

⚠️3 ラカイン州
・情勢は比較的安定しておりますが、コミュニティ間の緊張状態が続いています。





東南アジアの国・地域

カンボジアの治安・テロ・危険・安全 タイの治安・テロ・危険・安全 マレーシアの治安・テロ・危険・安全 フィリピンの治安・テロ・危険・安全 ベトナムの治安・テロ・危険・安全
シンガポールの治安・テロ・危険・安全 インドネシアの治安・テロ・危険・安全 ミャンマーの治安・テロ・危険・安全 ラオスの治安・テロ・危険・安全 ブルネイの治安・テロ・危険・安全