ラオスの治安・テロ・危険最新情報

Top > ラオス
ラオスの治安・テロ・危険最新情報  

Laos
ラオス

総合危険度:2.4
(総合危険ポイント:4492.2)

危険性が高いエリアがあるため、
渡航・滞在するにあたり
十分な注意と安全対策が必要です。


ラオスの治安・テロ・危険最新情報

危険ポイント・危険度とは?












❗️危険要因(ラオス)


●治安の不安定化
・ラオスは急激な経済成長により貧富の差が急拡大しており、外国人住居、ゲストハウス、日本人が多く利用する宿泊施設への侵入や強盗事件が発生しています。銃器を使用した凶悪なものも報告されています。
ラオスの治安・テロ・危険最新情報

⚠️要注意エリア


⚠️1 サイソンブン県、シェンクワン県
・反政府武装勢力が活動している可能性が高く,不測の事態に巻き込まれる可能性を排除できません。
・過去にバスターミナルを狙った爆発事件や乗客等への襲撃事件等が発生しています。

⚠️2 首都ビエンチャン
・置き引き、ひったくり、スリ、侵入盗などの一般犯罪が増加傾向にあります。





東南アジアの国・地域

カンボジアの治安・テロ・危険・安全 タイの治安・テロ・危険・安全 マレーシアの治安・テロ・危険・安全 フィリピンの治安・テロ・危険・安全 ベトナムの治安・テロ・危険・安全
シンガポールの治安・テロ・危険・安全 インドネシアの治安・テロ・危険・安全 ミャンマーの治安・テロ・危険・安全 ラオスの治安・テロ・危険・安全 ブルネイの治安・テロ・危険・安全