アメリカ合衆国の治安・テロ・危険最新情報

Top > アメリカ合衆国
アメリカ合衆国の治安・テロ・危険最新情報  

United States of America
アメリカ合衆国

総合危険度:1.9
(総合危険ポイント:2445.7)

事前に危険情報を確認し、
注意して渡航・滞在してください。


アメリカ合衆国の治安・テロ・危険最新情報

危険ポイント・危険度とは?



アメリカ合衆国最新ニュース


2018年4月23日
4月22日,ナッシュビル市郊外の飲食店で銃撃事件が発生し,犯人は依然逃走中です。
2018年4月4日
4月3日昼過ぎ、ユーチューブHQ(サンブルーノ市)において銃撃事件が発生しました。
2018年3月22日
3月21日,当局は,オースティンにおける連続爆弾事件の犯人とみられる人物が爆発物を用いて自殺したと発表しました。
2018年3月20日
3月18日夜,オースティンにおいて爆弾が爆発する事件が発生し,2名が負傷しました旨報じられております。
2018年3月3日
3月2日、セントラル・ミシガン大学内における銃撃事件の発生
2018年2月23日
ミシガン州ランシング市で洪水被害のおそれがあるとして非常事態宣言が発出されました。
2018年2月23日
ミシガン州ノースビル市は,水道管の修繕工事に伴い水道水にバクテリア等が混入する可能性があるとして、飲用等として使用する場合は1分間煮沸するよう注意喚起を発出しました。
2018年2月15日
2月14日午後、フロリダ州ブロワード郡パークランド(マイアミ市内から北北西に約70km)にあるMarjory Stoneman Douglas高校において、銃撃事案が発生しました。
2017年12月12日
12月11日、ニューヨーク市ポートオーソリティ・バスターミナル付近の地下鉄通路(歩行者用地下トンネル)内で、爆発事件が発生した模様です。
2017年12月6日
12月4日夜から5日早朝にかけ、Ventura郡(Thomas Fire)及び、San Fernando市(Creek Fire)で山火事が発生しています。





❗️危険要因(アメリカ合衆国)


●テロの脅威
・イスラム過激派組織によるテロが最大の脅威になっています。

アメリカ合衆国の治安・テロ・危険最新情報

⚠️要注意エリア


●アメリカ全土
【要警戒!】
・イスラム過激派組織によるテロが最大の脅威になっています。






北アメリカの国・地域

メキシコの治安・テロ・危険・安全 アメリカ合衆国の治安・テロ・危険・安全 カナダの治安・テロ・危険・安全