アメリカ合衆国の治安・テロ・危険最新情報

Top > アメリカ合衆国
アメリカ合衆国の治安・テロ・危険最新情報  

United States of America
アメリカ合衆国

総合危険度:1.9
(総合危険ポイント:2445.7)

事前に危険情報を確認し、
注意して渡航・滞在してください。


アメリカ合衆国の治安・テロ・危険最新情報

危険ポイント・危険度とは?



アメリカ合衆国最新ニュース


2017年11月16日
11月11日、邦人旅行者5名がレンタル自転車で,ワイキキからKCCファーマーズ・マーケットに向かう途中で,強盗致傷被害に遭う事件が発生しました。
2017年11月16日
11月14日、オークランド郡ブランドンタウンシップにおいて、男が、妻と妻の恋人に向け発砲する事件が発生しました。
2017年11月10日
ワシントンDC内では比較的治安が良いとされている北西地区(NW)において,最近,殺人,強盗等の凶悪犯罪が多発しています。
2017年11月9日
11月6日、ホノルル市内ワイキキにあるヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ホテルのエレベータ内で、金品を奪われる強盗事件が発生しました。
2017年11月4日
11日4日(土)、全米各地で反トランプ派に団体による抗議集会等が予定されています。
2017年11月1日
10月11日、メリーランド州ウィートン地区ショッピングモールでの強盗事件
2017年11月1日
10月31日、ニューヨーク市ロウアー・マンハッタン地区で、車両突入事件が発生し、複数の死傷者が発生した模様です。
2017年10月26日
10月25日から,オアフ島内では,道路横断中の「歩きスマホ」が禁止され,違反者には,罰金が科せられますので,御留意願います。
2017年10月24日
10月24日、ミシガン州ノバイ市は、水道水を飲用等として使用する場合は1分間煮沸するよう注意喚起を発出しました。
2017年10月17日
フロリダ州のスコット知事は、白人至上主義者リチャード・スペンサー氏の演説を前に、非常事態宣言を発出しました。





❗️危険要因(アメリカ合衆国)


●テロの脅威
・イスラム過激派組織によるテロが最大の脅威になっています。

アメリカ合衆国の治安・テロ・危険最新情報

⚠️要注意エリア


●アメリカ全土
【要警戒!】
・イスラム過激派組織によるテロが最大の脅威になっています。






北アメリカの国・地域

メキシコの治安・テロ・危険・安全 アメリカ合衆国の治安・テロ・危険・安全 カナダの治安・テロ・危険・安全