家庭教師個人契約サイト
TeacherNo.791

medici medici

慶應大学  医学部

(22歳 男性)

対象地域:東京都 神奈川県 埼玉県


  マンツーマン: 2,500円 / 30分
  体験レッスン: 2,000円/30分
    ✔︎レッスン料金相談可能




レッスン可能時間(目安)



午前 お昼 午後
 ✔︎レッスン時間相談可能

メッセージ



慶應大学医学部在籍(現役)
筑波大学附属駒場中高出身(首席経験あり)
SAPIX出身、鉄緑会出身
東大理科三類受験経験、合格実績あり(2019年度)

指導実績 12人
大学受験 国立医学部受験、私立医学部受験4人(開成生、暁星生、開智生、慶應塾高生)
中学受験 都内最難関受験4人、関東有名スポーツ校、他中堅校受験

合格実績 筑駒 、灘、開成、聖光、渋幕、関東有名スポーツ校受験
2019年度実績 東大理3、慶應医学部、栄光、早稲田(中学受験)、市川、成城大学

レッスン情報



対象地域(詳細)
 ✔︎レッスン場所相談可能
東京都
千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 青梅市 府中市 昭島市 調布市 町田市 小金井市 小平市 日野市 東村山市 国分寺市 国立市 福生市 狛江市 東大和市 清瀬市 東久留米市 武蔵村山市 多摩市 稲城市 羽村市 あきる野市 西東京市 瑞穂町 日の出町 檜原村 奥多摩町 

神奈川県
横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 厚木市 大和市 海老名市 

埼玉県
さいたま市 所沢市 戸田市 
望ましいレッスン実施場所
体験レッスンに関して 体験レッスンは柔軟にお受けいたします。
体験授業から体験相談などご自由にご相談ください。

オンラインレッスンに関して

プロフィール・経歴


慶應大学医学部在籍(現役)
筑波大学附属駒場中高出身(首席経験あり)
SAPIX出身、鉄緑会出身
東大理科三類受験経験、合格実績あり(2019年度)

指導実績 12人
大学受験 国立医学部受験、私立医学部受験4人(開成生、暁星生、開智生、慶應塾高生)
中学受験 都内最難関受験4人、関東有名スポーツ校、他中堅校受験

合格実績 筑駒 、灘、開成、聖光、渋幕、関東有名スポーツ校受験
2019年度実績 東大理3、慶應医学部、栄光、早稲田(中学受験)、市川、成城大学

はじめまして
筑波大学附属駒場高校出身、慶應義塾大学医学部4年生です。
指導経験は中学受験8人、医学部受験4人です。現在、御三家志望小学生、国立医学部志望高校生を指導しております。 過去には東大理3受験、医学部志望(慈恵、日医)の浪人生、最難関中学受験生、関東有名スポーツ校受験生を指導しておりました。指導の合格実績として、2019年度は東大理3、慶應医学部、栄光、早稲田(中学受験)、市川、成城大学、過去には筑駒、開成、灘、聖光、渋幕 関東有名スポーツ校がございます。
私自身は大学受験で東京大学理科三類、 慶應義塾大学、千葉大学医学部を受験し、東大には1.3点及ばず、慶應、千葉に合格しました。

自分自身が通っていたこともあり大手塾鉄緑会、サピックスのカリキュラムを完全に把握しておりますので、基礎から実力をつけるお助けができると思います。必要があれば、テキストの提供も可能です。またサピックスで20時間超の研修を受けております。
また塾のみならず、高校時代は学内での席次でトップを取ったこともありますので、高校でどのように効率良く成績を向上させるか等のメソッドを指導できます。
中学受験、高校受験、大学受験の指導が可能です。

1)中学受験、小学生補習の方
小学生低学年の頃は公文式に通い、4年生からSAPIXに入塾しました。中学受験は開成、渋渋、筑駒を受験し、筑駒に入学しました。
中学受験の自分自身のメソッドを教えられます。
僕自身は初めから成績が良いわけではなく、塾長と相談しながら段々と成績を上げていったので、その時に学んだことをアドバイスできます。
また、サピックスで講師研修を20時間超受けており、指導内容には満足していただけるかと思います。

2)中高生基礎学力底上げ、又は超難関大学、医学部、東京大学受験の方
中高6年は鉄緑会に通い、大学受験に備えました。私は塾の模試だけでなく学校の期末も重視していたので、学校の成績と塾の両立についてのアドバイスをすることができると思います。高校では、学年一位を取ったこともあります。
鉄緑会では中学三年生からレギュラークラスに所属し、母校のかなり忙しい学校行事と両立を図りました。
高3では、鉄緑会の最上クラスに所属、一年間東大対策をとことん行いました。そのため、東大受験についてはかなり詳しく指導できます。また、東大受験の知識は他難関大学、他国立医学部大学も網羅しているので、かなりの大学をカバーできると思います。どの科目も自信がありますが、特に英語、物理は大幅な強化のお手伝いができます。


以下、英語、国語、算数についての指導方針です。参考になりましたら幸いです。他教科につきましてもお問い合わせいただければ回答させていただきます。

英語
自分自身英語がいちばんの得意科目である以上に一番好きな科目であります。英語の知識、文法を指導することは経験もございますし、6年間鉄緑会で勉強してきたメソッドがございますので満足していただけるかと思いますが、英語の面白さ、楽しさをお伝えすることに自信がございます。
受験勉強に発音は重要ではありませんが、なぜ私が発音を重要にしているかと言いますと将来海外で医師になることを目標としており、その際にコミュニケーション面でデメリットを被りたくないからです。そのために子供の時から発音はもっとも重視しておりました。
私は英語を小学3年生の時に公文式で勉強を始め、海外経験のある親に発音面で指導を受けました。その結果中学校からの勉強では特に英語で自信を持つことができました。特に発表やコミュニケーションなどで発音に自信を持っておりました。高校2年生の時には学内で2人だけ選抜され、文部科学省主催のプログラムに参加し、公費でワシントンDCで生物の研究内容を発表した経験もございますので、英語の能力は水準が保証されているかと思います。

私がなぜ英語で頑張ることができたのかというと英語を勉強する中で英語の楽しさを教えていただける先生に会い、より英語の勉強を頑張るようになったという正の循環があったからではないかと思います。中学に入ってからドラマや映画を英語のままで見るようになったので発音のみならず、自然なフレーズなどを覚えることができるようになりました。生徒様に英語の楽しさ、面白さをお伝えできればと思います。

指導内容についてですが、英語の勉強方には主に2つのやり方があります。文法や知識を先につけて英語を論理的に解析しながら解いていく方法、こちらは受験英語に多く見られるやり方で、文法、語彙、知識の定着が最優先されます。
一方、一般に多読と呼ばれる方法ではできるだけ多くの英語に触れさせ、幼児が文法を教わることをせずに話せるようになるのと同じように、英語の文法をあまり教えずに感覚で英語を理解できるようにする方法もございます。
私自身の中高では多読の方法をとっており、自分自身も普段から英語のニュースやドラマ、映画を見ていたので多読の経験もございますし、大学受験の中で最も難しいとされる東大英語に挑戦できるような学力を得るために徹底的に文法、語彙で実力の底上げを行なってきたので文法、語彙にも自信がございます。

発音の訓練としては、まず正しい発音を教えられる人がいること、自分で勉強できるようにリスニング教材や映像教材で真似することができること、最後に自分で自信持って発音できるように話す機会を持っていることが重要だと思いますし、それに沿って指導していきたいと思います。


算数
算数を勉強し身につけていく上で最も大事であるのは問題のテーマの理解とテーマ、定石にそった反復学習です。ッ自分自身、小学生の時算数は苦手科目ではなかったのですが、同じ目標を持った生徒層の中では飛び抜けた成績を持っているわけではありませんでした。その中でどのように算数を改善させたかというと、どんな問題でも手をつけられるところを作り、そこを切り口に出題者の誘導に乗ることを意識しました。そのためには多くの問題に触れるよりも問題を解く際の質を高めどのような定石があるのかを理解すればより解きやすくなるかと思います。
算数ができるようになるためにはそれまで自分が解いてきた問題をいかに思い出し、それと関連付けて解けるかが肝心であるということが今までの自分の経験と指導経験から自信を持って言えます。ただ、突然それをやれと言われても難しいと思いますので、普段の授業で復習を交えながら解説中に指針や定石を確認しながら指導していこうと思います。


国語
過去に指導しましたSAPIX6年生は以前は毎回国語が平均以下であったのですが半年弱で偏差値58を取るようになりました。現在も同水準の偏差値55以上を継続して得点できるようになり実力をつけるお手伝いができました。国語は指導量が成績に直結するものではありません。どれだけ本人が納得できる形で説明を理解できるかが肝心です。模範解答の解説と同じような内容を説明することが指導であると思い込む人が多いですが、今までの経験上その解説内容を本人は納得していない場合が多いです。模範解答やその解説は問題作成者が冗長な部分を省略していますが本当に重要なのは本文の内容からなぜその解答になるのかという思考回路、つまり省略される"冗長な部分"です。ここの説明を最優先することで本人の理解を手助けすることが大事であると思います。

レッスン科目詳細



国語 中学受験全般
大学受験 国立向け理系国語、センター対策 青山学院文系指導経験あり

過去に指導しましたSAPIX6年生は以前は毎回国語が平均以下であったのですが半年弱で偏差値58を取るようになりました。現在も同水準の偏差値55以上を継続して得点できるようになり実力をつけるお手伝いができました。国語は指導量が成績に直結するものではありません。どれだけ本人が納得できる形で説明を理解できるかが肝心です。模範解答の解説と同じような内容を説明することが指導であると思い込む人が多いですが、今までの経験上その解説内容を本人は納得していない場合が多いです。模範解答やその解説は問題作成者が冗長な部分を省略していますが本当に重要なのは本文の内容からなぜその解答になるのかという思考回路、つまり省略される"冗長な部分"です。ここの説明を最優先することで本人の理解を手助けすることが大事であると思います。
数学 中学受験全般
大学受験 東大数学レベルまで

算数を勉強し身につけていく上で最も大事であるのは問題のテーマの理解とテーマ、定石にそった反復学習です。自分自身、小学生の時算数は苦手科目ではなかったのですが、同じ目標を持った生徒層の中では飛び抜けた成績を持っているわけではありませんでした。その中でどのように算数を改善させたかというと、どんな問題でも手をつけられるところを作り、そこを切り口に出題者の誘導に乗ることを意識しました。そのためには多くの問題に触れるよりも問題を解く際の質を高めどのような定石があるのかを理解すればより解きやすくなるかと思います。
算数ができるようになるためにはそれまで自分が解いてきた問題をいかに思い出し、それと関連付けて解けるかが肝心であるということが今までの自分の経験と指導経験から自信を持って言えます。ただ、突然それをやれと言われても難しいと思いますので、普段の授業で復習を交えながら解説中に指針や定石を確認しながら指導していこうと思います。
理科 中学受験全般
大学受験 東大レベルまでの物理、化学
社会 中学受験全般
英語 大学受験 東大英語レベルまで対応可能
多読、精読のいずれの勉強論にも対応可能です

英語
自分自身英語がいちばんの得意科目である以上に一番好きな科目であります。英語の知識、文法を指導することは経験もございますし、6年間鉄緑会で勉強してきたメソッドがございますので満足していただけるかと思いますが、英語の面白さ、楽しさをお伝えすることに自信がございます。
受験勉強に発音は重要ではありませんが、なぜ私が発音を重要にしているかと言いますと将来海外で医師になることを目標としており、その際にコミュニケーション面でデメリットを被りたくないからです。そのために子供の時から発音はもっとも重視しておりました。
私は英語を小学3年生の時に公文式で勉強を始め、海外経験のある親に発音面で指導を受けました。その結果中学校からの勉強では特に英語で自信を持つことができました。特に発表やコミュニケーションなどで発音に自信を持っておりました。高校2年生の時には学内で2人だけ選抜され、文部科学省主催のプログラムに参加し、公費でワシントンDCで生物の研究内容を発表した経験もございますので、英語の能力は水準が保証されているかと思います。

私がなぜ英語で頑張ることができたのかというと英語を勉強する中で英語の楽しさを教えていただける先生に会い、より英語の勉強を頑張るようになったという正の循環があったからではないかと思います。中学に入ってからドラマや映画を英語のままで見るようになったので発音のみならず、自然なフレーズなどを覚えることができるようになりました。生徒様に英語の楽しさ、面白さをお伝えできればと思います。

指導内容についてですが、英語の勉強方には主に2つのやり方があります。文法や知識を先につけて英語を論理的に解析しながら解いていく方法、こちらは受験英語に多く見られるやり方で、文法、語彙、知識の定着が最優先されます。
一方、一般に多読と呼ばれる方法ではできるだけ多くの英語に触れさせ、幼児が文法を教わることをせずに話せるようになるのと同じように、英語の文法をあまり教えずに感覚で英語を理解できるようにする方法もございます。
私自身の中高では多読の方法をとっており、自分自身も普段から英語のニュースやドラマ、映画を見ていたので多読の経験もございますし、大学受験の中で最も難しいとされる東大英語に挑戦できるような学力を得るために徹底的に文法、語彙で実力の底上げを行なってきたので文法、語彙にも自信がございます。

発音の訓練としては、まず正しい発音を教えられる人がいること、自分で勉強できるようにリスニング教材や映像教材で真似することができること、最後に自分で自信持って発音できるように話す機会を持っていることが重要だと思いますし、それに沿って指導していきたいと思います。
その他の教科

写真